新着情報

rss
2015/11/04
【福利厚生としての設置事例】
【福利厚生としての設置事例】
A企業様の設置事例ですが、お昼休憩になると多くの社員様が、ご利用になられるそうです。こちらのリラクゼーションルーム(リフレッシュルーム)は、夜21:00まで開放しており、お昼休憩以外にも空いた時間を利用して気分転換をされているご様子。皆さまにご愛用いただいているお話しを担当者様からお聞きするたび、感慨深い気持ちになります。
 話しは変わりますが、平成27年12月より改正労働衛生法に基づき、企業はストレスチェック制度が義務付けられる《従業員50人以上の企業》事となりました。従業員数50人未満の企業は、当分の間努力義務との事らしいのですが、企業は今後、厚生労働省主導のもと職場環境の改善とメンタルヘルス対策に追われることになりそうです。
 今回の法改正となる以前より、弊社のお取引企業様からは「マッサージチェアは、社員の心身の不調を未然に防止する意味でも非常に有用」との高評価を得ており、来月12月以降ますます注目される存在となりそうです。
このページのトップへ